塾 チューターについて

受験生を支える塾のチューター

中堅から大手の予備校もしくは現役高校生を対象とした塾では、チューターというシステムを採用していることがあります。
小中学生の塾では生徒と講師もしくは保護者が直接やりとりをしますが、高校生に対しては大学生や大学を卒業したばかりの若者がチューターとして受験生を支えます。
具体的な業務内容としては、塾生の進学についての悩みや相談事を解決したり、授業に遅れていないかを確認した上で勉強の仕方などをアドバイスしたりするのです。
生徒と講師よりも生徒とチューターの方が年齢が近いこともあって悩みを相談しやすい雰囲気を作ることができますし、つい最近まで受験勉強をしていた人のアドバイスというのは、たいへん参考になるものなのです。

Copyright© 塾 チューター All Rights Reserved.