塾のチューターという仕事について

塾のチューターとは一般的には生徒と講師の橋渡しのような役割を担っており、大学生などがアルバイトで担当することが多い仕事です。
仕事内容は、講師が仕事をスムーズに行えるように教室の準備や清掃、資料のコピー、出欠確認などを行います。
そして生徒の学習もはかどりやすいようにノートの管理や模試の採点、日報の記入なども行います。
また授業は講師が行いますが、生徒から授業に関する質問や分からない部分の補足を求められることもあります。
そのため塾のチューターとして働く場合にはある程度の学力を求められることが多いです。
採用された場合には得意科目の授業のチューターをする可能性が大きいです。
大学生がチューターを行う場合は、講師よりも生徒に身近な存在として進路相談や学生生活について相談を受けることも多くあります。

ルーチェドライビングスクールでの教習なら高額な授業料を払う必要はありません

国を超えて学ぶ保育をファーストクラスルームで

医学部受験予備校レクサス教育センター

学生の信頼を得られる講師がいます

【語学留学】マンツーマンレッスンでしっかり学べる!

チューターは生徒の強い味方です。

大学受験を目指す塾には、チューターと呼ばれる生徒に対しての学習補助、助言を行うスタッフが在籍している

サンプルイメージ2

チューターは重要な役割を担っています。

チューターとは、塾で生徒のお世話をする仕事のことです。
生徒と講師の橋渡しのような存在です。<

Copyright© 塾 チューター All Rights Reserved.