塾 チューターについて

学習塾のチューターの役割って何

どんな組織にも役割分担があるように、学習塾にも役割分担があります。
存在感が一番大きいのは講師ですが、事務的な仕事をする人ももちろんいます。
その中で生徒に身近な存在と言えるのは、チューターと名のついた人だと思います。
チューターとはどんな役割を担っているかと言うと、一番大きい仕事としては、生徒の進捗管理が挙げられます。
つまり、生徒の勉強の進み具合や理解度をチェックして、理解度が浅かったり遅れが出ていることを本人と面談して洗い出し、その結果を講師に伝えて、講義に反映させていくというものです。
講師と生徒の橋渡し役と言う表現があっているかと思います。
生徒と話しを聞く際に、科目に踏み込んで話をするため、一定レベルの教養は必要になります。

Copyright© 塾 チューター All Rights Reserved.